【準備編その11】SEO<3>サテライト文章の効率的な作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サテライトサイトを使ったSEO。

いわゆるブラックハットSEOのお話になります。

 

2016年8月の時点では、

間違い無くブラックハットのSEO効果は存在します。

詳しくは、この記事をご覧下さい。
http://affiliat.xyz/3month/junbi11seokiso#blackkouka

 

サテライトサイトはとにかく量産が必要です。

できるだけ、お金と手間をかけずに量産したいですよね。

 

この記事では、そんな事について解説しています。

 

サテライトサイトは数が必要

私の方法は、とにかくサテライトサイトから

リンクをたくさんいれる方式です。

 

なので、サテライト用のブログや

ワードプレスをたくさん作らないと行けません。

 

ここでお伝えしている方法では

ターゲットサイト1つに対して

サテライトが60必要でした。

 

 

前回の宿題で400文字以上の文章を

3記事作成してもらいましたよね?

 

人にもよるでしょうが、1記事あたり

何分かかりましたか?

 

早い人なら5分くらい。

慣れていない人は20分くらい

かかったのではないでしょうか。

 

 

慣れてくると400文字くらいであれば

だれでも10分くらいでは書けると思います。

 

では、それで60サイト作った場合、

どれくらい時間がかかるか見てみましょう。

 

無料ブログで60サテライト作った場合

(慣れている人の場合です)

 

①(3分)yahoo等の使い捨てメールアドレスを作る

②(3分)ブログサービスに登録してブログ開設

③(10分)記事を書く

④(2分)投稿する

 

1つのメールアドレスを、10の無料ブログサービスで作るとすると

3分x6=18分
15分x60=900分

なんと918分(15時間8分)もかかってしまう事になります!

 

 

サテライトサイトの量産を効率化しよう!

実は、ついこのあいだまで①~④までを効率化する

「グランドスラム」というツールがました。

 

ただ、今は新規募集をしていないのですよね。

(アフィリエイトしようと目論んでいたのですが、残念です。。。w)

 

ですので①~④までの中で、効率化できるのは

③の記事を書くという部分になります。

 

パターンとしては

・無料で頑張る
・外注する
・記事を買う
・ツールを使う

こんな感じでしょうか。

 

それぞれメリットとデメリットがありますので

簡単に説明していきましょう。

 

無料で頑張る

メリット:お金がかからない
デメリット:時間がかかる

お金を使わない人は、時間を使いましょう。

 

とにかく「ターゲットサイトにジャンルを合わせる」という

事は捨てて、ひたすら文章を書くといいと思います。

 

意識することは

・誤字脱字ぜんぜんOK。
・たまにジャンルに合いそうなキーワードを盛り込む

 

試しに、今私が書いてみましょう。

お題はダイエットに関する400文字です。

時間も計ってみますね。

ダイエットやってますか?
私はやってます。
筋トレ・有酸素運動・サプリ・などいろいろと方法はあります。
いちばんおすすめは」お米ダイエットです」
これは、お米をたくさん食べる代わりにおかずを減らすという方法です。
これは、私の先輩に聞いたのですが、やってみてびっくり。
一ヶ月で3kg痩せることが出来ました。
ポイントは、美味しいお米を使う事。
代謝が上がってるのを実感できます。
ビフォーアフターの写真をお見せしたいくらいです。
で、このことをまわりの友達に宣伝したんですよね。
8人がチャレンジして、7人成功しました。
下手な酵素ドリンクよりもよっぽど効果があると思います。
ただ、一日5合くらいのごはんを炊くので、お米が早くなくなって仕方が無いのが難点です。
ただ、お米は栄養素がたっぷりなので、だいぶ健康になった気がします。
お米ダイエット、皆さんもちゃれんじしてみてはいかがでしょうか?
最近太り気味なのでまたやろうと思います!

403文字を3分18秒で書くことが出来ました。

誤字脱字も結構ありますね。でも気にしませんw

 

私は、キーボードを打つのはそうとう早いと思うので

なかなかこんなスピードで打てないかと思います。

 

キーボードが苦手という方は、

スマホの音声認識を使うという作戦もあります。

 

長くなるので、別記事にしました。

 

文字数300文字の文章を、たったの1分で書く方法とは?
http://affiliat.xyz/knowhow/300moji1min

 

<追記>

リンクはあとでコピペして使い回せるように、

メモ帳などにコピペしておくと、より効率的です。

 

こんな感じですね。

<a href=”ターゲットサイトURL”>狙うキーワード</a>

 

文字数にリンクを含んでもいいですし、含まなくてもいいです。

 

 

外注する

メリット:ちゃんとした文章が手に入る
デメリット:お金がかかる・コピペチェックなどに手間がかかる・時間がかかる

外注はお金がかかりますが効率はいいです。

私はランサーズのタスク形式でいつも募集しています。

値段は、400文字の自由文章で1記事20円です。

 

メリットは人間が読んでも不自然ではない文章になることです。

デメリットは、時間がかかることと手間もそこそこかかること。

 

ライターさんによりますが、たまにコピペ記事を納品してくる人がいます。

2~30人に1人くらいですね(私の体感です)

 

ですのでコピペチェックは必要になりますね。

無料サービスもいろいろとありますが、精度も悪いし

あまりオススメできません。

 

ランサーズのコピペチェックも使ってみましたが、

ぜんぜん使えませんでした(^^;

 

無料サービスで精度が高いのは下記のサービスですね。

 

◆コピペチェックツール【Copydetect】
https://copydetect.net/

 

ただし2000文字以内なのと、回数制限があります。

 

私はコピペのチェックには下記のツールを使っています。

 

◆コピペリン
http://saku-tools.info/copyperin/it/

 

そこそこ精度が高い上に、競合ツールよりはかなり安いのでオススメです。

 

記事を買う

メリット:必用な時にすぐ用意できる・そこそこいい文章が手に入る
デメリット:お金がかかる

コピペも邪魔くさいし、すぐに手に入れたいという方には

記事を買うという方法もあります。

 

キジポンというサービスなら、300文字15円、600文字30円で購入することができます。

 

◆テキスト記事の即ダウンロードサービス「キジポン」
http://saku-tools.info/kijipon/it/

 

コピペチェックも不要ですし、必用な時にすぐ買うことができます。

私も非常用にストックしています。

 

ツールを使う

ツールには、自動で作成してくれるツールと

もともとある文章をリライトするツールに分けて書いてみます。

 

自動作成ツール

メリット:必用な時にすぐ用意できる
デメリット:お金がかかる

文章を自動で作ってくれるツールがあります。

 

◆文章自動作成ツール『パーフェクト・サテライト・ライター PSW_ver.2』
http://psw2.info/

◆ゴーストリライター3|サテライトを半オート【繋がる記事を吐き出すツール】 :
http://ghost-rewriter.net/

 

デメリットとしては、ジャンルを追加するときに

追加費用がかかることですね。

 

あと、デフォルトのデータをそのまま使うと、

他のサイトと重複率が高まるところです。

 

重複率が高いとコピペサイトとして見られるのか?

 

という問題は、いろいろな説がありますが、

私はサテライトサイトとして使う分には

それほど問題無いと考えています。

 

気になる方は、データを自作したり、

元々のデータをリライトして使うといいのではないでしょうか。

 

リライトツール

メリット:良いサイトの内容を参考に出来る
デメリット:お金がかかる・手間がかかる

他のサイトからコピペするのは良くないですが、

コピペしたのをリライトするという方法もあります。

 

とくに、上位表示されていて、文章の内容が良い

のを書き換えるので、ターゲットサイトの作成に

向いていると思います。

 

◆文章リライトツールの進化版。マウス操作だけで文章リライトが完了。 【メインサイトリライター】
http://main-site-rewriter.com/

◆リライトビルダー
http://www.trend-up.net/rewritebuilder/it/

 

上記のツールは私も持っています。

 

確かにリライトの効率は上がりますが、

実際に使うと、以外とじゃまくさいので

結局ほとんど使っていませんw

 

ただ、売れる文章をうまく書く自信のない方は

検討の価値はあると思いますよ。

 

売れるサイトをリライトしているうちに、

自然と売れる文章が身につくでしょうしね。

 

 

参考までに、私の使っているサテライト用文章の例

実際にサテライトサイトにどんな文章を使えばいいのか

イメージできないかもしれませんので、

実際に私が使っている文章を紹介しておきますね。

 

基本的にツール記事を使うようにしています。

 

そのツールは、あまり表に出せないクローズドなツールなので

紹介は控えさせていただきますが、

文章のクオリテイはこんな感じです。

(酵素ダイエットで作った例)

人は食べることによってグルメを使い、ブリトニーと呼ばれる摂取で、この広告は酵素に基づいて表示されました。酵素というとなかなか辛そうですが、気が付くとおばさん体型に、ダイエットに気を付けて普通の食事に戻していってください。酵素カルチャーだけでなく企業も行っていくと、代謝機能が低下してしまい、果物を取り入れたサービス法が注目を集めているのです。効果記念は朝食を酵素補給や酵素液、そこでダイエットはイチオシサプリ失敗をする上でのレビューを、何を信じていいのか分からない酵素液になっています。文句ワードを飲みながら普段の食事を摂ると、ちゃんと酵素しながら姿勢を改善できるのが、そんな酵素に含まれる生酵素の中に「酵素」があります。マップに体重が落とせると評判の酵素タンパク、酵素には低酵素なものを選んだり、食べ過ぎた後はデートを温めながら一番で。酵素代女性にあわせて運動も行うようにすると、化粧水への次第、浜田ウソの勧誘の電話が来た。この冷蔵庫をうまく回すために、成功例みたいで、指数高やダイエッの摂取を控えるなどのアドバイスは気軽ですので。亜鉛は体にとって必要な成分の一つでマニアなベジライフであり、薬に頼っていた程重い便秘が治った、酵素ジュースの力を借りて実行する酵素一気ではないでしょう。
ダイエット酵素断食が、無用な自然をパパイヤからコミさせるなど、プチ断食中でも口寂しさを思うことが減少します。酵素ダイエットをすると代謝が活性化され、で活性酸素なのは、そんなあなたは酵素不足が原因かもせしれません。栄養を日間よく摂りながら、身体に恋愛となった老廃物をどんどん排出したりなど、ちゃんとした知識を得てから初めないと。間食をやめられない人にとっては、基礎代謝が年齢とともに低下して、太りづらい体質になるとされていますね。どれも私が実際に購入し、痩せやすい体質にブリトニーするというダイエット方法で、大きく分けて酵素とブリトニーのふたつがあります。ダイエットを飲み続ければ、そこで今回は酵素解消をする上での雑誌を、きちんと中心しながら代金が可能な。痩せにくいと言われる酵素の私でも、そこで今回はダイエット海外をする上での原料を、様々な体内ドリンクが販売されています。フルーツでマニアしく、このため体内のブリトニー北原が不足し、年齢とともに体内で合成される意外の量は減る傾向にあります。酵素ダイエットに関してはアラフォーがないといった報告もかなりあり、酵素によるドリンクとは、おダイエットを使ったイボナシツヅラフジで3kgくらい落とせました。
外食の多いAさんでしたが、そこで改善は酵素分解をする上での激安を、人によっては全くその効果を感じないという方もいます。タバコを吸うと肌にも良くないため、酵素酵素や海外、運動が苦手でも痩せる方法を探していました。体への負担を感じないで体重を落とせた、減量することを真髄に作られた評価とあるため、充分に気を付けて普通のリニューアルに戻していってください。よくみかけるのは、お粥やみそ汁などのベジライフが低く、失敗からベジライフです。酵素酵素ダイエット中に、急に体脂肪率前の商取引をまた始めてしまうのではなく、日間をする目的は何でしょう。酵素朝食とは、酵素創業のサプリの実際とは、酵素更新をやっているときは可能な限り禁煙してください。このような方法に成功をする人と失敗をする人の違いとしては、ダイエットとは言わば生命活動にごサイクルの累計本数を赤ちゃんに、酵素のオーエム。酵素をただ飲んでいるだけ、そこで浜田は酵素ダイエットをする上でのポイントを、メタボーが体験した経験を元に健康つ情報をお伝えしています。酵素液を飲み続ければ、酵素生酵素のやり方で最も痩せるコントロールは、酵素を使って現代人に酵素をするというあんひろです。
最近メディアを賑わしている『昼食』は、途中で諦めてしまう体質が、食生活をアンケートすべきことがいくつかあります。基本ドリンクの公式日記では、そのフラグとしてかなり体重しているのは、それを行う時に使う。断食ダイエットの酵素、ダイエットまでに成功させたい正規品方法が、益々実感できるのではないかと思います。プチラカンカを始めるポイントで、実践の生産量を増やし、その酵素ですが摂取にダイエットに酵素なので。クーポンの方法には、ミッドナイトベイビーwebは、それほど酵素液は難しいものと言えます。強化月間酵素って最近よく聞きますが、本日酵素や浜田、ダイエットにはどうなのか。体内をたっぷりの酵素で補うことによって、今回は時間をかけてゆっくりと食事累計本数を、食生活は変わっていないのに1ヶ月1キロずつ太りました。

人間が読むと、どうかんがえてもおかしな文章ですが、

こんな文章でもgoogleには通用するんです。

 

共起語もてんこ盛りですので、

すごく効果があるんですよね。

 

 

まとめ

ブラックSEOでやって行こうと思うと、

被リンク用のサテライト作成は避けることができません。

 

お金のある人は外注やツール、ない人は時間を使って

どんどんサテライトサイトを量産してください。

 

ひたすら作業になるので、売れるまではほんとつらいです。

ほとんどの方が、そのつらさに我慢できずに脱落します。

 

ソースはどこかわかりませんが

 

アフィリエイトで5000円以上稼げる人は5%

 

と言われていますよね。

これ

 

三ヶ月以上作業を続けることができる人は5%

 

と同じことだと思うんですよね。

 

効率化を進めていけば、三ヶ月(90日)あれば

どんなに遅い人でもターゲットサイト50サイトは

できるはずです。

 

アフィリエイトで一番難しいのは「続けること」

 

これを十分認識するようにしましょうね。

 

今日の宿題

・文章作成を効率化して、60サテライトを作成させる

 

分からないことがあれば質問して下さいね。

facebookページのほうで質問を受け付けています。
https://www.facebook.com/komesanafi

 

 

 

次回の予告

今回で【準備編】は終了です。

基本的な手順については、説明したつもりです。

 

基本をおろそかにしていただきたくなかったので

若干効率を犠牲にしていた部分があります。

 

次回からは、残り二ヶ月で50サイト作れるように

主にどこに力を入れて、どこに手を抜くべきか。

 

また、アフィリエイトで一番大事な考え方

いわゆるマインドの部分を中心に

進めていきたいと思っています。
おたのしみに(^^)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。