文字数300文字の文章を、たったの1分で書く方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わたし、仕事柄キーボードで文字を打つのが得意です。

 

前回の記事で、試しに400文字の文章を書きましたが、

403文字を3分18秒で書くことが出来ました。

 

でも、スマホを使う事で、315文字を1分8秒で書くことが出来ました。

 

今日は、その方法について詳しくレポートしていきます。

・サテライトサイト用の文章が大量に必要なアフィリエイターさん
・ランサーズなどで、1文字0.1円などの兆安い値段で文章を書いているライターさん

などには特に役に立つ記事なのではないかなと。

 

それでは詳しく説明していきましょう。

 

文章を書くのに必要なもの

・スマホ(iPhoneでもandroidでもいいです。)

・本や雑誌

 

具体的なやり方

・スマホの音声入力を立ち上げます。

・本や雑誌を口に出して読みます。

・おわり

 

実際にやってみた

せっかくなので、実際にやってみました。

 

私はiPhoneなので、androidはやってませんが

androidにも音声入力があるので、同じ事が出来ると思います。

 

iPhoneのメモ帳アプリを立ち上げ

キーボードの下にこんな感じのボタンがあるので

それを押します。

kome1

 

その辺に転がっていた薄毛対策系の本を読んでみました

kome2

 

出来た記事がコチラ

今までの薄毛対策は実は非常識。不景気と呼ばれて久しいですが現在でも順調に出役をあげている市場があります。それは薄毛対策に関する必要です。とある近年の調査によれば、日本のヘアケア市場の規模は4000億円以上。Siriと同じように発毛剤が売れ続けているのです。薄毛人口の増加、アンチエイジング志向の高まりなどから、当面はこの政党が続くと予想されます。データの裏づけがなくてもテレビをつければその成長ぶりがわからずです。発毛育毛に関する商品の仕入れも見ない事はないと言っても過言ではありません。不景気の影響で高額のテレビシーエムを流好き男が大きく減っている中、発毛育毛業界の大手すぐさまその隙に力に物言わせてどんどんスイングを打っています

315文字を1分8秒で入力することが出来ました。早っ!

 

認識間違いはかなり多いですが、かなりの精度です。

ちなみに「、」や「。」は、「てん」「まる」と言えば認識してくれます。

 

アフィリエイターのサテライトサイトなら、これで十分でしょうし、

ランサーズなどのクラウドライターさんは、ちょちょっと修正するだけで済みますね。

 

みなさんも、この方法でじゃんじゃんオリジナル文章を作って

アフィリエイトや文章執筆を加速させて下さいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。