ブログやサイトにどれくらいアクセス数を集めれば商品が売れるのか?【生データを大公開】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちわ。こめさんです。

 

今日、ボクが入ってるアフィリエイト塾の初心者の人から

「7位に入りました!」

とうれしい連絡があったんですよね(^^)

 

購買意欲の高そうなキーワードだったので、

「そういうキーワードは、これくらいアクセス集めれば売れると思いますよー」

と、ついついお節介してしまいましたw

 

ボクも初心者の頃って

「どれくらいアクセス集めれば売れるんだろう?」

って不安になりましたからね。

 

せっかく調べたので、ついでにいろんな種類のキーワードで

どれくらいクリックを集めれば売れるのかというデータを取ってみましたので

みなさまにも公開してみたいと思います。

調べたキーワードの種類

この間紹介させていただいた

「初心者が取り組むべきキーワード」

のような感じで分類してみました。

【参考】アフィリエイト初心者が選ぶべきキーワードってどんなキーワード?
http://affiliat.xyz/knowhow/shosinshakw1701

※「ライバルが少ないキーワード」については、よいサンプルが無かったので計測出来ませんでした。

基本的に、そういうキーワードは個別ページで狙う事が多いので、、、すいません。

 

用語解説

imp

インプレッション。つまりアフィリバナーが表示された回数ですね。

なので、1ページ内にたくさんアフィリバナーがある場合は、重複して計測される場合があります。

細かいところはASPによって違うような印象です。

click

これは簡単、クリック数ですね。

 

CTR

「クリックスルーレート」の略です。

広告がクリックされた回数を、広告が表示された回数で割ったものです。

 

こいつが高いほど、自分のサイトがユーザーの役に立ってるという指標になります。

逆に低いときは、サイトの構成などを見直しましょう。

 

ちなみに、

「CTRが悪いんだよねぇ」

なんて、ボソっとつぶやくだけで

「おっ!こいつネットマーケティングの上級者だな」

とまわりから思われる、イケメンキーワードです(笑)

 

ただし、調子に乗って使いすぎるとウザイやつと思われる諸刃の剣でもあります。

 

売上

そのままです。商品が何本売れたかです。

 

CVR

「コンバージョンレート」の略。これもイケメンキーワードです。

ユーザーにクリックされた回数のうち、成果(コンバージョン)に結びついた割合の意味です。

 

こいつが高い場合、とにかく売れる商品である事が分かります。

しかし、この数値は基本的にアフィリエイター側でどうのこうの出来る数値ではありません。

 

アフィリエイターの仕事は、LPに誘導することなので、

そもそも売れない商品や、クソみたいなLP(ランディングページ)に

いくら誘導しても売れないからですw

 

商材を選ぶときはLPをちゃんと見ろ!というのはそういうことなんですよね。

目安としてはCVRが最低でも5%以上ある商材を選ぶといいと思います。

 

ちなみに、ASPの上級会員になれば、CVR等の各種数値を見れるようになります。

(ちなみにa8の場合は、3ヶ月の確定で10万以上になれば見れます)

 

クソ商品に引っかからないように、出来るだけASPは一つにまとめて上級会員を目指しましょう!

 

番外編:その他のイケメンキーワード

この間、ネット広告の忘年会に参加したときにこういう言葉を聞きました(半分創作ですw)

「クライアントのLPに、ステップリマケ仕掛けたらCTR改善したよ。やっぱりAISAS大事だね」

一般の人にはチンプンカンプンですねw

 

 

データの考察

それでは、それぞれ細かく解説していきましょう。

 

購買意欲が高いキーワード

「商品名+激安」「商品名+通販」などの、いわゆる購買意欲が高いキーワードです。

買う気まんまんのユーザーが来ますので、非常に売れやすいのが特徴です。

 

このデータでは11%位ですが、このデータにはTOPページに来てるユーザーも含んでいるので、実際にはもう少し上がると思います。

体感的には最低でも30%くらいは出てると思います。

なので、だいたい50~70アクセスで1本売れてる計算になりますね。
問題は買う気満々ユーザーなのに、CVRが低い事です。

クライアントさんにはもう少し頑張ってもらいたいところです(笑)

 

ビッグキーワード

月間検索ボリュームが5万以上のビッグキーワードです。

こういうキーワードは、調べる目的でも来るのでCTRもこれくらいでしょうね。

 

悩みが深いキーワード

悩みが深いキーワードです。ここは文章力ですね。

CTRが5%でてるので、自分的には頑張ってるんじゃ無いかと思っています。

 

商品名で1-3位を独占したキーワード

最近の話なので、データは少ないです。

最初の頃は、ツール記事だけで上がってたので、CTRは低めですが、これから改善していくと思われます。

 

無料オファーのキーワード

これは、CVR、CTRともにメチャメチャいいですね。

単価は300円と低いのですが、数が取れるのがありがたいです。

 

無料オファーの案件でも単価が1000円以上のもあるので、そういうので取れれば効率よさそうですね。

 

 

まとめ

1つ売れるのに必要なアクセス数は、無料オファーを除いて

  1. 購買意欲高い
  2. 商品名単体
  3. ビッグキーワード
  4. 悩み深い

という順番になりました。予想通りですね。

 

でも、アクセスはまったく逆の順番になるんですよね。
そのへんを考慮して、自分がどんなキーワードで狙っていけばいいのかを考える事が大事です。

 

 

以上です。

 

この記事が少しでも「役に立った」と思っていただければ、

ぜひこのページに「いいね」やtwitterでRTお願い致します。(ボタンはここのちょっと下にあります)

 

PS

分からないことがあれば質問して下さいね。

facebookページや、メルマガで質問を受け付けています。
https://www.facebook.com/komesanafi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こめさんメールマガジン配信中!

ブログではどうしても書きにくい

「アフィリエイトのホントの情報」

メルマガで配信中です!

登録はコチラから!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。