ブラックハットSEO派の屁理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラックSEOを強烈に否定する「ホワイトハット原理主義」の皆様こんにちわ。

こめさんといいます。

 

ひとことだけ言わせてください。

自分のサイトをfacebookやtwitterで紹介するのは
自作自演リンクにならないんですかね?

っていうような、ホワイトハットの方を煽る記事内容ではありません(笑)

 

どちらかというとホワイトハットな人にこそ、読んでいただきたいと思って

こんな記事を書いています。

 

 

私はブラックハットのSEOをやっています。

 

そりゃー私だって、ペナルティのリスクの少ない
ホワイトハットには憧れています。

 

っていうか、このサイトもホワイトサイトですw

 

ブラックアフィリエイトのサイトが

ホワイトハットだなんて、おもしろくないですか?w

 

でもね、実際に稼ぐサイトを作るときは

どうしてもブラックハットになるんですよね。

 

その理由は

googleで上位に入らないと
役に立つ記事かどうかも判断されないから

です。

 

アフィリエイトをはじめてまだ1年ほどですが

今までかれこれ200サイト以上SEOしてきました。

 

そこでの経験則なんですが、どうやら、

googleは順位によって、サイトの評価基準を

変えているっぽいんですよね。

 

具体的に書きますね

 

ビッグキーワードでなければ、20~30位くらいまでは

とにかく被リンクの数だけで上げれるイメージです。

 

それ以上上げるには、リンクの質が大事になります。

つまり、実際にアクセスのあるサイトからのリンクや、

被リンクのたくさん入っているサイトからのリンクなどですね。

 

で、1ページ目にもまた壁があるようです。

 

つまり、1ページ目に入ったサイトは、

コンテンツ内容を厳しくチェックされるのです。

 

1ページにふさわしいかふさわしくないか

googleからの試験のようなイメージです。

 

多分、googleは

・PV
・滞在時間
・どれだけ下まで読まれているか?
・リンクはクリックされているのか?

などを見てると思われます。

 

前回の記事で、ここ最近2位に上げたサイトの波形を紹介しました。

リンクを入れたタイミングと順位の推移

リンクを入れたタイミングと順位の推移

よく見てください。

不安定な時期っていうのがありますよね?

 

15~17位で安定していた順位が

6/15あたりからちょっと1ページ目に入ってすぐ圏外へ。

 

しばらくするとまた1ページ目に戻ったけど、また圏外へ。

 

こういうのを繰り返しています。

 

しかし、一か月くらい経つと1ページ目で安定してきました。

どうしてだと思いますか?

 

実はこの不安定な時期に、コンテンツをリニューアルしたんです。

 

それまでは、適当な2000文字程度のでたらめ文章だけのサイトを

画像を詰め込んだ、ちゃんとした文章を入れたサイトに書き換えました。

 

その結果、1ページ目で安定しました。

 

つまり、何度か1ページ目のアタックを繰り返しているうちに

アクセスしたユーザーの行動データが評価され

1ページ目ににふさわしいサイトとして認められた。

 

こういうことだと思うんですよね。

 

つまり、

上位に上がってはじめてテストを受けれる。

そこで試験をパスすれば1ページ目に入る権利がもらえる。

パスできなければ2ページ目以降に落とされる。

こんなイメージですね。

 

なので、一生懸命記事を書き続けなければならない

ホワイトサイトはしんどいだろうなぁと。

当たるかどうかわからないし。

 

そりゃ、うまくいった人の事例はよく見かけますが

失敗している事例も、表に出ないだけで

それ以上にあるでしょうしねぇ。

 

この「こめさんアフィリエイト」というホワイトサイトも

ようやく20記事ほど書くことができました。

 

これだけの労力があれば、ブラックでやっていれば

2、30万くらい稼ぐサイトが作れたんじゃないかなと

ちょっと後悔している最中ですw

 

というわけで、メインコンテンツの中のちょっとした息抜き記事でした。

たまにはこういうのもいいかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。